LINE-Xによるセキュリティ対策:耐爆破・跳弾防止編(動画)

LINE-X塗装による耐爆破・跳弾防止の実験映像

 

①ブロック塀にLINE-Xを塗装した場合の耐爆破効果実験映像

 

アメリカで実際に行われた爆破実験の映像です。

アメリカ軍用に広く使われる典型的な建造物にて行われています。
実験映像では35フィートの距離で50ポンドのTNTによる爆破実験を行っています。
米軍研究チームでは少なくとも1,000ポンドのTNTが無ければLINE-Xコーティングの壁は壊れないと検証しています。

 

アメリカ空軍により、27社のコーティング剤をテストして唯一合格し、実際にアメリカ軍・政府が防護用の塗料として唯一使用されているLINE-Xの実力を証明する映像となっています。
是非ご覧ください。

 

 

②拳銃の実弾による跳弾防止(飛散防止)実験映像

 

【LINE-X 施工した場合の映像】

 

【未施工の場合】

 

盾などの、拳銃の実弾を通さない鉄板に実弾があたった場合、跳弾による危険を伴います。
LINE-Xを塗装する事による防弾性の向上に加え、跳弾の防止を実験した動画です。

 ⇒LINE-Xによる拳銃(実弾)跳弾防止実験 比較画像(pdfファイル)

比較画像をご覧いただいてわかるように、拳銃の弾が鉄板に当たって弾ける事をLINE-Xで防ぐことが可能であることが実証されています。
(弾がLINE-X内部にカプセル化され、閉じ込められます)

跳弾防止による安全対策は、既に米国を始めとした各国軍用車両や盾などにもLINE-Xは採用されております。

 

【実際に使われている防弾チョッキの効果映像】

LINE-Xを用いた防弾チョッキの実証映像です。

 

TO TOP